知っておきたい脳ドック最新情報


知っておきたい脳ドック最新情報

脳ドックは、MRIやMRAなどの画像診断機器を使い、脳内の血管の状況を観察し、脳梗塞や脳動脈瘤の有無を調べたり、血管の狭窄や閉塞を調べる検査で、血管系の病気を診ることを目的としています。早期に脳の状態を把握し、治療や生活習慣の改善などを行うことができるため、自覚症状の少ない脳の病気を発見するために大変有効であると注目されています。最近は、通常の脳ドックの時に、脳委縮検査を受ける人が増えてきており、脳の委縮の程度を調べることで認知症についても早期発見できるようになってきています。脳の委縮が認められれば、専門の病院で記憶検査を含めた精密検査をするように勧められるため、早期から認知症の観察や治療、生活習慣の改善に取り組むことができるようになるため、大変注目を集めています。早いうちから、脳のことを知っておき、気をつけることで、生活の質を長くキープすることができるようになる可能性があるため、受診してみたいという人が年々増加している検査です。

脳ドック最前線

脳ドックは、MRIを用いて脳の検査を行うもので、脳の現在の症状及び今後発展する可能性のある脳の病気を発見することが目的としてあり、近年脳ドックを受ける人が多くなりました。
ただ、脳ドックを受ける年齢層として高齢期を迎える人が多く、若年世代では意外にも少ない傾向が見られます。
これは、近年、認知症患者が多くなったことで、脳の委縮やその可能性があることなどの目的も含み、脳卒中の可能性の高い高齢者の希望者が多くなったことが原因としてあるのです。
しかしながら、30代40代の若年世代で脳卒中となる患者が増え、現在の自身の脳の状態を把握する上で、若者のドック希望者が多くならなければいけないのが、受診への恐怖心や忙しいという理由により受診者が少ないことが実態でしょう。
また、自由診療である脳ドックの費用負担の懸念があるのも事実です。
もし、病気が見つかれば費用が高いと考える人はいないでしょう。
また、費用を掛けた後安心して生活が送れることを考えれば、やるだけの価値があることは間違いありません。

 

脳ドックの施設をMRSOで探そう